2010年11月11日

UserFormsオブジェクト2.Label

ラベルコントロール[ Label* ]

 ユーザーフォーム上に配置するコントロールが、一体何を表すのかを[ Label* ]の[ Caption ]プロパティで設定します。コントロール自体が、その動作を識別する情報(キャプション)を持っていれば、ラベルコントロールは使いません。

 例えば、コマンドボタンには元々[ Caption ]プロパティがありますので、ユーザーフォームを閉じるために作ったコマンドボタンの周辺に、「閉じる」というラベルは不要です。反対に、テキストボックスの周辺にラベルが無いと、何を入力するのか・何が表示されるのか、ユーザーには解りません。

 また、ユーザーフォームを操作しているユーザーに対して、ヒントとなるメッセージを伝えたいときは、[ ControlTipText ]プロパティを使います。マウスカーソルがコントロールに重なると、「このボタンを押すと、ユーザーフォームが閉じられます」などと、メッセージの表示ができます。

posted by くきお at 11:11| Comment(0) | UserFormオブジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。