2010年11月11日

UserFormsオブジェクト16.RefEdit

RefEditコントロール[ RefEdit* ]

 ユーザーフォームの表示中に、ワークシート上のセルやセル範囲にあるデータをユーザーフォーム上のコントロールや、プロシージャで使用する値として使いたいときは、[ RefEditコントロール ]を使います。[ UserForm* ]を表示するメソッドは、[ Showメソッド ]を使いますが、[ RefEditコントロール ]は、既定値のモーダル状態で使うコントロールです。モードレスで表示されている[ UserForm* ]では、ワークシートのセル、セル範囲の選択後、コントロールがフォームに戻らず、Excelを強制終了することになりかねませんので、注意しましょう。

posted by くきお at 11:10| Comment(0) | UserFormオブジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。